BLOGブログ

「東洋医学とは?」・・・東洋医学と西洋医学の違い

 

▶︎最も大きな違いは、疾患のとらえ方です。

西洋医学では患者の症状や訴えを聞き、さまざまな検査をして考えられる病名を診断します。その際はその病気あるいは病原体などに対して治療方針を立てます。薬や手術が病原体と戦う主戦力となり、局部の病気は主にその部分だけの病変や異常として認識され、薬や手術でその部分の治療のみに力を注ぎます。

東洋医学では病気は体のある部分だけの異常ではなく、五臓六腑のすべての機能に繋がった生命体の異常として考えられます。人間は元々自然治癒力が備わっており、常に襲ってくるウイルスや細菌などの病原菌と闘っています。自然治癒力がこの戦いの主戦力となり、戦いの結果勝てば「健康」負ければ「病気」となります。東洋医学の治療はこの戦いの中で「自然治癒力」の手助けをします。同じ病名でも人それぞれの体質に適応した治療法を行わなければならず、脈・舌・顔色・患者の訴えや体調からその方の体の体質を見分けます。そのため東洋医学は基本的にオーダーメードの治療方法になります(漢方薬や鍼灸治療など)。治療では、人間の自然治癒力を高めることに重きを置いています。

 

★東洋医学の臓腑の役割★

東洋医学でいう「五臓」とは、体は心、肝、脾、肺、腎の五つの機能的系統からなり、それぞれ西洋医学的な意味も含まれ、その臓に関わりのあるあらゆることの総称といえます。簡単に言うと、東洋医学で意味する五臓とは西洋医学でいう臓器より広い意味を含んでいます。

「心」・・全身の血流をつかさどり、血液の循環を制御することがその主な役割です。喜びは「心」の働きの一部で、喜び過ぎると心が病み病気になると考えられています。

「肝」・・全身の気血の巡りをスムーズにすることを指揮するシステムです。血液が豊富な臓器で血の倉庫とも言われています。気血の巡りを促進し、外からの有毒物質やストレスにより生み出された老廃物を分解又は排泄して防御することが役割になります。怒りは「肝」のシステムのはたらきの一部で、激怒すると急に白目が赤くなったりします。怒りすぎると「肝」が傷み。病気になると考えられています。

「脾」・・栄養物を受け取る倉庫番。すい臓や腸などの消化吸収に関わる機能も含まれています。食べ物を消化九州し、栄養を全身に行き渡らせます。また、血液を血管の外に漏らさないようにしたりすることもその一つの役割です。考える事は「脾」の働きの一部で、考え過ぎや憂鬱が続くと「脾」が傷み、病気になると考えられています。

「肺」・・気をつかさどり、体の各器官が正常な働きをするために消耗した気のバランスを良く供給めぐらせ、空気を吸い込んで酸素を供給する管理者のような働きをします。また、気の生産や気によって促される血液の循環にも関わります。鼻が詰まると「肺」の気が順調に巡っていないということが分かります。悲しみは「肺」の働きの一部で、悲しみ過ぎると「肺」が傷み、病気になると考えられています。

「腎」・・力の源で、生殖や労働などは「腎」のパワーと関わるとされています。精気を蓄え、生殖や成長・発育に関わり、骨の機能を維持し、生まれ持ったパワーを貯蔵し、排泄機能を正常にする役割があります。恐怖は「腎」の働きの一部で、恐怖を感じ過ぎると「腎」を傷め、病気になると考えられています。


【四季の養生方法】

★養生の基本ルール★

▶︎春・夏には「陽気(ようき)」を保養すること

自然の万物と同じく春・夏では成長して茂るように「陽気」を補強して高めることにします。

▶︎秋・冬には「陰血」を滋養すること

秋・冬には収穫して貯蔵するように、「陰分」を滋養して溜めるように養生することが自然の摂理に合うとされています。


◎夏の過ごし方

気が交流して、万物が花咲き、実る時期。この時期に私たちは夜、ちゃんと睡眠を取って早起きし、太陽とともに寝起きしましょう。怒らず平常心を保ち、体の気を発散させるようになるべく戸外で活動しましょう。

 

<衣服>できるだけ、汗を吸いやすい下着を着用しましょう。風邪を引きやすいので、胸腹部を出さないようにしましょう。

<食>[控える食事]油っこいもの、冷たいもの・・夏は体温を下げるため体表の毛細血管が拡張するので、胃腸は虚血の状態になり、冷えています。そのため、冷たい食べ物は胃に負担になり、不調を引き起こしやすくなります。水分を摂る時も氷入りや冷蔵庫で冷やし過ぎた物を摂るのは控え目にしましょう。[お勧め食事]夏の食欲不振には唐辛子、にんにくが良い。また、暑熱に対しては、スイカやキュウリなど、水分の豊富な食べ物で、体にこもった余分な熱を収める事が出来ます。

<寝>寝るとき、お腹を冷やさないようにしましょう。腹巻をして、風邪を引きにくくします。また、風の通り道に寝ないようにして、出来るだけ窓は閉めましょう。夜間は風に当たらないように。室温は出来るだけ28〜29度ぐらいに設定します、また、汗が出た時に、冷水を肌に当てると、汗疹が出来やすくなるので注意しましょう。

<運動>散歩は早朝の5時頃か夕方の7時以降、日差しが傾く時間帯が良い。出来れば朝5時から11時までの時間帯をオススメします。一日中、紫外線の防止に心掛けましょう。毎日散歩すると、胃腸の蠕動運動が促進され、体内にQ10が増え、血行が促進されます。また太陽のパワーを受け入れ、自然をよく観察すると、自分の悩みも忘れてしまうほど大自然と一体となることができますので、散歩のコースは緑のある公園などがオススメです。川や岸辺や水のある場所は湿度が溜まりやすくなるので、避けましょう。一定の時間帯、一定の歩数、40分以上がの散歩がポイントです。歩くスピードはゆっくりでも良いです。散歩の後にあまり疲れがなく、体がぽかぽか温かくなり、汗が出そうな感じが適度です。ここでの散歩は、自然と交流してストレスをストレスを解消するのが主な目的です。

INFORMATION治療院情報

診療時間

Weekday (平日)  9:00-19:00 (最終受付18:00)
Saturday&Sunday (土・日)   9:00-15:00(最終受付14:00)*予約優先 *不定休

住所

〒106-0045
東京都港区麻布十番3-1-5-2F
南北線、大江戸線『麻布十番駅』1番出口より徒歩1分

ご予約・お問い合わせ

03-3452-8989

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。
ネット予約も承っております。